はじめて不動産を 売却される方へ
家を売る前に考えること
「家を売ろう!」と考えている方は、まず始めに次の三つのポイントについて考えなければなりません。
これは売却を終えた後、充実感と満足感いっぱいに「住まいの売却作成大成功!」と思えるようにするために、絶対に必要なことです。
大事な、大事な資産であるマイホーム。売った後に後悔はしたくありません。そのためは、 決して行きあたりばったりではいけません。
きちんと「作戦」を立てて、計画的に進めていくようにしましょう。

売却の理由から決まる売却の目標
「何故、家を売るのでしょうか。「家を売る理由」を、売却する前にはしっかりと考えて、あらためて明確にしておくことが必要です。
そうすることで、次のように売却の目標が決まるからです。


また「子供が成長してきて手狭になったために、もう少し広い住まいに移りたい」という理由であれば、厳密な引越し期日が決まっているわけではありません。
したがって、この場合の 目標については、「時間をかけてでも、できるだけ良い条件で売却をする」ということも考えられるのです。
物件売却に関係するお金の例
ここでいうお金とは、「家が売れる値段」を指すだけではありません。
当然、これは非常に大切ですが、加えて次のようなものを含みます。


これらをしっかりと考えることで、売却に対する総合的な判断ができるようになります。
例えば、家が売れる価格が住宅ローンの残高より安いという場合であれば、ローン残高を、まかなう自己資金の存在が必要になります。
もし自己資金がないということであれば、その資金をどのように捻出するか考えることが必要です。

ページトップへ