売却に際して、まず知っておくべきこと
家を売る前に考えること
レインズとは、Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称であり、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピュータ・ネットワークシステムの名称です。
指定流通機構の会員である不動産会社が不動産情報を受け取ったり情報提供を行うシステムで、会員間での情報交換がリアルタイムで行われています。
レインズには、日本全国のほとんど全ての不動産会社が参加しており、特に個人の住宅仲介を行う不動産会社であれば、ほぼ全社が加入しています。
なお、レインズはインターネット上にて情報を公開していますが、ここに掲載されている物件情報はレインズに登 録している不動産会社しかみることができません。
レインズを通して不動産の売却が行われる
レインズに登録することで、どのような不動産会社でも、膨大な情報を扱うことができます。
物件の売却を依頼された不動産会社は、レインズに物件情報を登録します。
すると翌日、翌々日にはレインズに加入している不動産会社のもとに「新着情報」として情報が届きます。
これを見た他の不動産会社は、自分のお客様にその新着物件が合いそうで あれば、売りに出した不動産会社から物件の資料を取り寄せます。
そして、取り寄せた物件情 報を自社のお客に提供するのです。
また、店頭や電話で「このような家を探している」と依頼を受けた不動産会社は、お客様の希望に該当する物件が売りに出されていないか、まずレインズで検索するのです。
レインズの存在は、何を意味するのか
つまり、大きな不動産会社に売却を依頼しても小さな不動産会社に売却を依頼しても、情報の広がりは同じなのです。
「大きな会社ならば、買い手が見つかり易いのでは?」という考えは間違いであり、会社の規模だけで不動産屋選びをすることはできません。
こうした不動産売買のしくみを理解した上で、不動産会社を選ぶ必要があるのです。
マイホーム売却の流れ
マイホーム売却の流れは、大まかに「売りに出すまで」と「売り出し中」、そして「買主が現れてから」の3つに分けることができます。






















地域専門であれば、特化した分だけ地域の特徴を深く把握しています。地域の「売れる価格帯」なども熟知しており、巧みな売却戦略を期待することができます。
街にも詳しいため、購入希望者に地域の魅力をたっぷりと紹介することができます。
また、地域に根さした会社は、そこでの評判が命です。
いい加減な仕事をして、評判を落としてしまうようなことはしません。当然、「地域の専門であり、他には負けない」という自負もあることでしょう。
さらに、地域の不動産会社の営業マンに転勤はありません。物件を売った後も、何かあればいつでも相談することができます。
一方、全国展開をしている会社の場合は、どうしても物件購入後に担当営業マンが転勤しまう可能性が高くなってしまいます。
不動産売却後、決して後悔せずに、満足感いっぱいで売却を終えるために必要なものは不動産会社の親身な対応であり、「お客様に満足していただけることが何よりも大切」という姿勢です。
ただ物件を売れさえ良い、という「売上第一」という会社では、どうしても「お客様の満足」を得るための活動が十分ではありません。
なぜなら、活動の目的があくまで「物件を売り、仲介手数料を得ること」であり、決して「お客様に喜んでもらおう」というものではないからです。
お客様満足第一の会社では、売却価格一つとってもても、「○○という理由だから、売却価格は○○円にしましょう」など、価格の根拠を明らかにしてくれるものです。
その他にも、売主のささいな疑問もきちんと対応します。
「お客様に満足してもらうための活動」に決して労力を惜しむことはないのです。

ページトップへ